豊かな経験を

園外保育

 

園外保育姉妹園の送迎バスを利用し、年に数回2歳児から5歳児がクラスごと園外へ出掛けます。公園、地域(季節)のイベント、工場見学、時にはドライブ等市内はもちろん市外にも出掛けます。公共のバスや電車を使い社会のルールを学ぶ機会も作っています。また園から歩いての散歩も多く取り入れ強い身体づくりを目指しています。
様々な場所へ出掛け、人とのふれ合いを大切にし、色々な物を見たり、聞いたりと経験を積み重ねています。

 

交流保育

姉妹園、友好園との交流保育を行います。お互いに行き来して一緒に遊んだり、食事をしたりして、交流します。子どもたちは、仲良くなるのがとても上手です。次第に名前を呼びあい、嬉しそうに自分の園を案内したり、一緒に歓声をあげて遊んだりする姿が見られるようになります。
様々な友だちとのかかわりを通して、誰とでも遊んだり、活動したりできる社会性をはぐくみ、円滑な人間関係が築けるように援助しています。

小学校との関わり

小学校との橋渡しは大切です。学区の小学校と連携を取り、小一ギャップを少なくします。
新園舎完成後、どのような幼少連携の活動ができるか検討を進めていきたいと思います。