挨拶

理事長のご挨拶

子どもたちに童話を語る語り部であった創立者浅場慶夫は、教育にお話しを取り入れる総合教育を実践する目的で、昭和28年に個人立の中原幼稚園を開設しました。

昭和53年に学校法人(大里学園)の認可を取得して静岡中原幼稚園となり、平成20年には静岡市では初めて学校法人立としてなかはら保育園を併設しました。

平成27年度に新制度による認定こども園に移行して幼保連携型認定こども園 静岡なかはら幼稚園となり、0歳児から小学校入学までの一貫した保育・教育を提供しています。

令和2年度より、静岡市立新富町こども園を引継ぎ、静岡市初の『公私連携幼保連携型認定こども園』が生まれました。

東京オリンピックサイトの建築ラッシュや世界的な鉄筋接合ボルトのサプライチェーンの混乱で建築が遅れましたが、令和2年8月に新園舎が完成して、田町公園内の仮園舎から引っ越しです。

新園舎には、子育て支援室、一時保育室、放課後学童クラブなどの事業を行う部屋が設けられています。(学童クラブは令和3年4月から運営開始予定)

装いも中身も新しい私立(学校法人立)のこども園として、静岡なかはら幼稚園姉妹園として、新富町こども園は、皆様のお役に立ちたいと思います。

令和2年7月吉日 理事長 浅場 孜

 

新富町こども園 新園舎完成予想図

エントランス側より

エントランス側園舎予想図

 

園庭側より

園庭側園舎予想図

 

園長紹介

静岡英和女学院高校卒業後、国学院大学幼稚園教員養成所で幼児教育専攻。同養成所を卒業以来静岡中原幼稚園に籍を置き幼児教育に携わる。幼保連携型認定こども園静岡なかはら幼稚園園長に就任後、本園開設に当たり開設準備を担当。今年度から園長に就任。(幼稚園教諭一級免許状)