挨拶

理事長のごあいさつ

子ども達に童話を語る語り部であった創立者浅場慶夫は、教育にお話を取り入れる総合的教育を実践する目的で、昭和28年に個人立の中原幼稚園を開設しました。

昭和53年に学校法人の認可が下り、静岡中原幼稚園となり、平成20年には静岡市で初めて学校法人として保育園開設の認可を取得し、なかはら保育園を併設しました。

平成27年度に新制度による認定こども園に移行する認可が下り、『幼保連携型認定こども園 静岡なかはら幼稚園』になりました。

創立者の精神を受け継いだ伝統ある教育をする幼稚園に、0歳からお子様を預けられる新しい形の幼稚園です。

                                    理事長  浅場 孜

 

理事長略歴

静大付属小、同中学校卒業後、静岡市立高校から京都外国語大学英米語学科(専攻科)を修了。民間会社勤務を経て県西部の私立高等学校に英語教師として奉職。

その後、静岡市内の私立の学園にて中学・高校で教鞭をとる。後年、同学園法人の管理部門に異動。その後、同学園の大学で英語講師として授業を担当する。

創立者の没(平成15年)後、学校法人大里学園の理事長に就任、現在に至る。

園長のごあいさつ

働くお母様方が増えてまいりました。本学園は、平成20年に保育所を併設し、幼稚園教育と、働くお母さん方に代わってお子様の保育をする施設になりました。平成27年度、「子ども・子育て支援新制度」のスタートを機に幼保連携型の認定こども園になり、今日に至っています。乳児組は、子育て経験のある複数のお母さん保育教諭(保育士と幼稚園教諭の免許を受けている者を言います。)を中心に、気立てのよい先生方が子ども達に寄り添った保育をしています。幼児(3~5歳)組は1号認定(従来の幼稚園児)と2号認定(従来の保育園児)を区別せず、ベテランの先生方のもとでのびのびと保育と教育を受けています。ぜひ幼稚園の様子を見に、ご来園ください。

                                                             園長  浅 場 美千代

園長略歴

静岡市立中島小学校から英和女学院中学、高校を経て国学院大学の幼稚園教諭養成コースへ進学。卒業後静岡中原幼稚園に就職。県西部に居住の短い期間を除き静岡中原幼稚園と共に歩み現在に至る。平成24年に保育園園長に就任、平成27年から幼保連携型認定こども園静岡なかはら幼稚園の園長を務める。